家族葬こそ基本の葬儀

私は家族葬こそ、本来あるべき葬儀の形と考えています。葬儀とは、本当に親しいものだけで執り行うべきものだと思うのです。死とは真逆の、誕生した瞬間がそうだったではありませんか。家族や親族といった、親しい人達に囲まれて祝福されたはずです。死を迎えた時も、これと同様の送り方で充分だと思うのです。

 

このような家族葬を、寂しい葬儀だと同情する人がいるかもしれません。最期のお別れなのだからもっと盛大に、多くの人に囲まれて送るべきだ、という意見もあるでしょう。別にその意見を否定するつもりはありません。葬儀に参列しているすべての人が納得しているのなら、どのような形であってもかまわないでしょう。

 

ただ、規模の大きな葬儀にしてしまうと、遺族の負担がそれだけ大きくなることを理解しておかねばなりません。ただでさえ親しい人が亡くなって落ち込んでいる時なのです。できるかぎり遺族の負担を軽くし、故人を弔う環境を整えてやるべきではないでしょうか。

 

人には様々な主張があり、それに応じて葬儀の形も多種多様で、これこそ葬儀だ、と結論付ける必要はないのかもしれません。それでも、家族葬が基本の葬儀の形であることに変わりないのです。

 

千葉 ホストクラブ