家族葬をするにあたっての注意点

今までになかった形式として注目されている家族葬には様々な良い点があります。従来の葬儀では、進行的な問題もありますから次々と準備をしなければなりませんし、故人と過ごせる貴重な時間も、弔問客への対応に追われて十分に取れないということがよくあります。

 

しかし、少人数で葬儀を行うことによってこうした問題を解消することができるのです。

 

とは言え、故人と親しくしていた友人などが「葬儀に呼んで欲しかった」と伝えてくることもありますし、一言別れの言葉を伝えたい、お線香をあげたいと自宅に訪れることもあります。家族葬が終わってからこうした弔問客に対して対応する時間をとる必要が出てくるので、事前にある程度の計画を立てておくことが必要になります。また、故人の意向として「この人を葬儀に呼んでほしい」と遺言などによって残されている場合もありますから、故人が生前に残していた言葉や手紙などをしっかりとチェックする必要もあります。

 

ともあれ大切な人の死を迎えつらい気持ちのさなかですから、自分たちや家族にとって最もよい方法を選ぶことが、故人にも喜ばれることだといえるでしょう。

 

 

ピラティスの効果は男性にもあります