家族葬という選択

家族が亡くなったときに、故人を最後に見送るのがお葬式です。

 

やはり、お葬式は気の知れた身内だけでやりたいという人も多いのではないでしょうか。

 

そういう人が選ぶのが家族葬というプラン。この家族葬という言葉は、最近、耳にすることがとても多くなってきていると思います。ニュースなどでも、有名人の方が家族葬を行いましたというようなニュースをよく聞きます。

 

葬儀を大人数のプランで行うと、香典返しや、料理のチョイス、予算の計算など、面倒なことがいろいろ多くなってしまいがちです。それに対し、家族葬には、いろいろなメリットがあります。たとえば、人数が少ないため、式を早く済ませることができます。

 

また、香典返しなどの面倒なことも一切省けてしまいます。そして、式の費用もかなり抑えることができます。

 

やはり、無くなった人を送り出すときは、安らかな気持ちで式を行うのが一番だと思うので、葬儀を行う側にあまり負担がかからず、気持ちよくなくなった肩を送り出せる家族葬こそが、葬儀における最も理想的な形と言えるのではないでしょうか。