試行錯誤の家族葬

身近にあった葬儀でまだ家族葬に不馴れもしくは理解していないのかなぁと思うことが 2つありました。

 

一つ目の例は 亡くなったご本人の希望で家族葬が おこなわれたのです。
元の職場の同僚の方たちは 本人の希望ならと葬儀には来られなかったのですが、せめて 四十九日の法要には出席したいとのことで お葬式より四十九日の方が 大掛かりになったそうです。
お寺の住職にも 「こんなことなら 普通のお葬式にしておけばよかったのに」と言われたとか。

 

おそらく 亡くなったご本人も 残された方も 其処までは考えていなかったのだと思います。
本当なら 四十九日の方も 「本人の希望だから」と押し通して ごく身内だけの集まりですませばよいのだと思います。

 

もう一つの例は 先日回ってきた町内の 緊急の回覧です。
ある方が 亡くなった事・お通夜・葬儀の日時と 会場のお知らせなのですが、そこには 「通夜・葬儀とも家族葬でおこないます」とあったのに お通夜に参列する方ように バスが出ますとの記載があったのです。
町内で参列する方たちの便宜を図ってのことでしょうが 家族葬の主旨に合わないように思います。

 

わたしの住むこの地方は 結婚式もお葬式も 派手なところなので、家族葬も まだまだ試行錯誤の状態なのでしょうか。

 

表参道 渋谷 こども英会話/英語教室 | Little Steps